狛江市中学校教員研修会での活動

大井みさほ会員が、10月5日、2年生の生徒に実験授業を行った後に、狛江市立中学校の教員に対して「光とレーザーの利用」というタイトルで研修を行いました。20161005-12

最初に直前に行った理科授業特別プログラムについて、大井会員から、最初の説明に時間をとりすぎてしまったことを反省する発言がありましたが、理科部会長からは、何のために実験をするのかの意味が、生徒にわかってよかったのではないかというコメントでした。電子の励起などの説明は中学生には少し難しかっただろうと思います。

その後、本題の講演「光とレーザーの利用」として、自分の研究を含めてレーザー研究の歴史を話し、レーザーとは何かについての話につなげ、原理や応用について詳しく話しました。こちらでは反転分布の説明に「ものぐさ太郎」を使っていました。
20161005-1320161005-1420161005-15レーザーの原理などについては、直前の活動記録(狛江市第一中学校での活動)をご覧ください。

レーザー光は身近なところではバーコードリーダーやCD/DVDのピックアップ、さらに医療用、工業用、また計測、通信などに幅広く使われていることを話しました。

そのあとで、生徒がやったのと同じように水槽でレーザー光を見る実験などを実際に体験してもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です