池袋立教中学校・高等学校での活動

西原寛、有山正孝、小林憲正、佐々田博之、町田武生、和田 勝会員が、7月23日の午後1時から開催された、立教池袋中学校・高等学校の科学部研究会発表会に参加して、助言を行いました。今年度も生物部は参加せず科学部だけで、Zoomを使った研究表会でした。

この画面キャプチャーは、終了間際です。

演題は中学生から7題、高校生から6題あり、途中2回の休憩をはさんでほぼ予定通りに進行し、午後3時40分に閉会式が行われました。いずれの演題もパワーポイントを使って発表され、7分の発表時間の後に3分の質疑応答が行われました。プログラムは次の通りです。

質疑応答の時間には、西原理事長をはじめとして佐々田会員、町田会員がコメントを述べました。どの演題も問題を設定して実験によって解決しようとする姿勢が見て取れ、これからの発展・展開が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。