「活動記録」カテゴリーアーカイブ

対馬市立厳原小学校での活動

日江井榮二郎会員が、7月3日(金)午後に長崎県対馬市立厳原小学校で、「母なる太陽」というタイトルで、4、5、6年生の児童に講義授業を行いました。

講義を行った多目的室教室は、暗幕カーテンを使って暗くなるし、大型のモニターを使い、PCからの画像と音を出力できる装置もあり、使い心地がよいものでした。途中に10分の休憩を入れて、ゆったりとした時間が取れました。

里乃塚玲央作詩・山本純ノ介作曲の小学校唱歌「二億年ずつ23回」を聞くことから始めました。歌詞の「この星は生きている 宇宙ごと生きている 私たちは生きている この星は生きている」に、児童たちは耳を傾けていました。

その後、レンズを使って太陽光を集光すると、焦点位置においた黒紙が焦げることを示し、その太陽光エネルギーの目安である太陽定数を説明しました。太陽光に垂直に置かれた1畳の広さに1時間、太陽光を受けると、その太陽光エネルギー量は、ほぼ我々の1日に摂取するカロリー量に相当することを説明し、植物は太陽光を利用した光合成によってでんぷんを作り、生育し、その植物を動物は摂取しているので、植物も動物も生き続けることができるのは、太陽光のお蔭であると説明しました。

さらに太陽の構造を説明し、太陽は宇宙に浮かぶ核融合反応炉であると言うことができ、太陽だけではなく、恒星の輝きは核融合反応によるものであり、原料である水素が少なくなることにより、恒星の寿命が決められることを説明しました。

太陽黒点数の変動から、11年周期の太陽活動、さらに樹木の年輪に残されている炭素14の測定による過去7000年にわたる太陽活動が調べられていて、数百年に1度、大変動が起こっていることがわかっていることを話しました。最近では、1650年から約50年間、ほぼ無黒点期間があって、地球規模での寒冷期間であったこと、将来も起こりうるが、現在ではまだその予想がつけられないこと、太陽活動の動画を見せ、地球に押し寄せる太陽風は、地球磁気圏が侵入を防いでいるし、地球大気はX線や紫外線が地上へ到達するのを護ってくれていることを説明しました。

スーパーコンピューターで得られた「地球からだんだん遠ざかる」動画を見せ、宇宙空間の広さを感じさせ、また「地球・月の誕生」の動画をみせました。ガモフの絵を見せて、その感想を次々と述べてもらい、各自が個性を見せてくれたことに、意を強くしました。

IzuharaSyou

対馬市立今里小学校での活動

日江井榮二郎会員が、7月3日(金)午前に長崎県対馬市立今里小学校で、「星はなぜ輝くか」というタイトルで、5、6年生の児童に講義授業を行いました。昨年もこの学校で話したので、校長先生とはもちろん、6年生の子供たちもほとんど顔見知りでした。

星は核融合のエネルギーを使って輝いているということを、あらかじめ調べていた子もいたのには驚きました。子供たちも講義を期待をしていたと校長先生が話してくれ、小人数なので、一人一人と話ができ、親密感が湧く講義になりました。

全員に透明半球と方位磁石を渡して、天球上での太陽の1日の動きと、それが季節によりどう変わるかを透明半球に描くように話しました。ちょうど教室には七夕の飾りがあり、牽牛・織女の星、夏の大三角の星々、はくちょう座、こと座、わし座の星図を見せると、知っていますという声が聞こえてきます。それに意を得て、難しいけれどヘルツシュプルング・ラッセル図(HR図)として知られる、横軸に星の色(表面温度)、縦軸に明るさ(等級)をとって星々をプロットしたグラフを見せ、夜空には様々な星があることを示しました。この星々と同様に、星の子である君たちも、各自の個性で輝くことができるのだよ、と伝えました。

核融合を説明し、人類はいまだその実現に時間がかかるので、君たち若い人の研究への参加が待たれていると、期待を込めてエールを送りました。

国立天文台作成の、「宇宙誕生・銀河の形成・天の川銀河の渦巻き模様」の動画、「地球から10倍づつ遠のく宇宙空間の宏大さ」を見せる動画、さらに「地球・月の誕生」の動画を見せました。

一緒に給食を食べながら、七夕にちなんで、生徒の夢を語ってもらいました。別れるときには、最後まで手を振って見送ってくれました。下の写真は質問攻めにあう日江井会員です。

ImasatoSyou

対馬市立厳原中学校での活動

日江井榮二郎会員が、7月2日(木)に長崎県対馬市立厳原中学校で、「僕たちは星の子」というタイトルで、1、2、3年生の生徒に講義授業を行いました。

ちょうど、7月1日の午前9時の直前に1秒がうるう秒として挿入されたので、これに関連させて、1)時間と時刻の違い、2)地球自転速度が遅くなるためにうるう秒がある、3)遅くなるのは角運動量の変化によるが、その原因は地球核の運動の変動なのか、表面の大気・海洋なのか葉未だ議論中であり、解決は君たちにゆだねられている、4)暦はまつりごと(政治)に必要なので、中国では昔から改暦が行われていた、5)日本固有の暦を創ろうとした渋川春海の努力を描いた小説「天地明察」の中に、緯度と経度を間違えた箇所があった、と話して、生徒たちの興味を引き付けました。

続いて、サン・テクジュベリの「星の王子さま」の画像を見せながら、星が輝き続けて変遷をするとともに、その中心部では核融合により、水素からヘリウム、炭素、窒素、酸素、カルシウム、リン、などの元素が創られ、星の死とともに、星のガスが宇宙空間に放出される。惑星状星雲は星の死の姿であり、散光星雲・暗黒星雲は放出されたガスの姿である。これらが、再び引力により集まり、次世代の星が誕生するという、恒星の生涯を話しました。IzuharaTyu

その恒星が創った元素が、われわれの体を構成していのです。したがって、君たちは、かって夜空に輝いていた星が創った元素を体の中に持っている、だから君たちは星の子であるともいえる、星は様々な色合い、明るさで輝いているように、君たちも、輝く資質を持っており、それぞれ個性ある輝き方がある、この学校の校是である「切磋琢磨」を心掛けて、成長していくことを期待しています、とエールを送りました。

2時間の話なので、途中で10分間休憩を取り、後半は太陽の活動現象の動画、国立天文台が作った画像を見せ、13.8mの紐を138億年に見立てて、太陽誕生、生命の誕生、恐竜の跋扈・絶滅の時期を示し、100年間はわずか、0.1ミクロン、髪の毛の太さよりもはるかに短い期間であるが、君たちはこの長い歴史を体の中に秘めているのだから、自分の生命を、かけがえのない大切なものだという気持ちで見つめてほしい、と話しました。

201105011622159c0

http://thecrystalskull.blog135.fc2.com/blog-entry-234.html

質問を受けました。中学生らしく、「自分の分身は路傍の石なのか、地球の分身は何か」、「宇宙背景放射は将来どうなるのか」などの質問が出ました。

板橋区立西台中学校での活動

奥田治之会員が、6月22日に板橋区立西台中学校で行われた理科の公開授業を聴講し、その後の反省会にも参加して指導助言を行いました。以下は、奥田会員の授業の内容、および助言と感想です。

公開授業は西台中学校の岩間敦教諭によって行われました。金星(内惑星)が太陽のまわりを周回するにしたがって、その大きさ、形がどのように変化するかを、用意した模型を使って生徒に観察させ、その結果を発表させた後、全体で結果について議論をしながら正解を求め、現象の理解をさせるというものでした。模型にはさまざまな工夫(光源、反射球など)が施され、きめ細かく準備されたもので、生徒の反応も大変良いものでした。

ただ、模型がやや小ぶりで(8班各々に一組)、天体現象としての観察として実感的でないこと、すべての模型を先生が自作で用意していて、生徒の考えや工夫の入る余地のないことなどから、生徒がもっと参加できるような実験を工夫できるのではないかという提案をしました。また、観測結果をあらかじめ用意した答えの中から選択させるというものでしたが、生徒自身がスケッチなどで記録する方が良いのではないか、などの意見も述べました。

それにしても、このような授業を用意した授業担当者を含めて、参加した教官の理科教育に対する並々ならぬ情熱と努力には感心するものがあるという感想をもちました。

107-venusview

 

 

 

 

http://www.astron.pref.gunma.jp/flash/venus2.html
より

江戸川区子ども未来館での活動

6月19日に、有山正孝、大井みさほ、廣田穣、和田勝会員が、江戸川区子ども未来館で、夏休みに開催される「夏休み応援プロジェクト」の中で講師を勤める件について、事前打ち合わせを行いました。子ども未来館からは谷川公将指導員と片柳文男専門員が加わりました。

江戸川区子ども未来館(WebPageは下記)は、1階に図書館、2階に子供アカデミーと呼ぶフロアーがあり、2階の実験室で学び学習や探究活動を行うことができ、実験に必要な備品や用具がそろっています。

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/miraikan/sisetugaiyou.html

江戸川区では、夏休み応援プログラムと称した、たくさんの実験や観察を行うコースを用意していて、広報によって参加者を募集しています。今回、SSISSではこのコースに講師を派遣して支援を行うという話が進み、その打ち合わせを行ったというわけです。

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/miraikan/natsuyasumi.files/27natsu.pdf

上記の募集要項にあるように、7月に大井会員と廣田会員が、8月に有山会員がそれぞれ講師を勤めます。和田は9月に行います。実施にあたって必要な用具、設備などの下見を行い、実施に向けての有意義な打ち合わせでした。

個々の活動は、また報告します。

平成27年度(第11回)通常総会が無事終了しました

平成27年度(第11回)の通常総会が無事に終了しました。参加してくださった会員の方々、書面で参加くださった会員の方々にお礼申し上げます。

現理事の任期が、まだ5月31日までありますので、正式には6月1日から新しい体制で運営されますが、総会の第3号議題で承認された新しい理事を紹介しておきます。

理事 有山正孝(新任)
同  大井みさほ(再任)
同  野津憲治(新任)
同  廣田 穣(再任)
同  細矢治夫(新任)
同  町田武生(再任)
同  和田 勝(再任)
監事 奥田治之(新任)
同  西原 寛(再任)

そのほか、平成26年度の決算が承認され、平成27年度の予算が承認されました。27年度の予算では、10年たったSSISSの活動を総括して次につなげるために、記念の冊子を作成する予算が盛り込まれています。

また、SSISS立ち上げからこれまで、理事長としてこの組織を牽引してきてくださった大木道則理事長が勇退されることになったので、引き続き大所高所からSSISSの活動を見守っていただくよう、名誉理事長になっていただくことが報告されました。

世田谷区立桜丘中学校での活動

細矢治夫会員が3月17日に世田谷区立桜丘中学校で、中学1年生の4クラスの生徒に、数学の図形に関連した授業を行いました。

中学1年の図形の学習は、学習指導要領には「平面図形や空間図形についての観察,操作や実験などの活動を通して,図形に対する直観的な見方や考え方を深めるとともに,論理的に考察し表現する能力を培う。」とあります。

そこですでに専任教諭が授業の中で正多面体について説明したことを受けて、裸眼立体視(ステレオグラム)と折り紙細工を行いました。まず、5種の多面体の立体視ができるように用意した紙を生徒に配り、裸眼立体視のこつを教えたところ、過半数を超える生徒が成功しました。次に2枚の長方形から正四面体を、2枚の正方形から正八面体のスケルトンを折ってもらいました。これらもほとんどの生徒が完成させることができました。時間内に未完成だった生徒たちも、課外の時間に完成できるはずです。

生徒一人一人がこれらの作業により、多面体に対して興味をもち、理解を深めることができたと思います。

Fig3D4

http://diysome.web.fc2.com/icosahedron/ より

市川学園市川高等学校での活動

廣田穣、一丸節夫、和田勝、町田武生会員が、3月14日に市川学園市川高等学校で、1,2学年の生徒450名が参加した平成26年度年度末課題研究発表会に赴き、指導助言を行いました。

市川学園市川高等学校は今年度からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の二期目に入り、さまざまな取り組みを行っていますが、その一つの課題研究には力を入れていて、2年生の生徒全員約250名が行っています。

市川学園高等学校SSHのページ

今年度から個人研究へのシフトを促していて、課題数も増えています。毎年度7月に中間発表が行われ、物理、化学、生物、数学の分野で、これから進めようとする研究課題の中間発表が行われますが、SSISSではポスターによる中間発表でも会員が助言を行っています。

今回は年度末のまとめの発表で、口頭の発表が4題あり、運営指導委員やTAを務めた東京工業大学などの大学から参加された方々に交じって、SSISS会員も参加して口頭発表を聴きました。、その後で行われた116件のポスター発表では会員は分野に分かれて指導助言を行いました。

年ごとに研究内容も発表の仕方も向上し、順調に成果を挙げているように見えます。校外での発表会でも、県レベルではいくつもの賞を得ているので(上記の学校のページを参照してください)、さらなる内容の充実が期待さます。

150314Ichikawagakuen5150314Ichikawagakuen2150314Ichikawagakuen6150314Ichikawagakuen7

大田区馬込第三小学校での活動

江尻有郷会員が3月9日に、大田区おもしろ理科教室の一つとして、大田区立馬込第三小学校で6年生の2クラスに理科実験を実施しました。

実験授業のタイトルは「LEDを光らせよう」で、教材として、100オーム抵抗、赤・青2個のLED、単3乾電池3本、ミノ虫クリップ付ビニール被覆コードを組合わせたものを16セット用意し、理科教室で5人用実験机に2セットずつ配置しました。

全般的な説明の後、児童が各LEDに3ボルト及び4,5ボルトの電圧をミノ虫付きコード線で結線して光らせることから始めました。児童は、結線に成功して光ることを確認すると、自発的に両方のLEDを同時に光らせたりして楽しんででいました。

まとめで、電気の交流・直流、半導体の解説を行いました。教育現場では、LEDに関してまだ十分な認識にいたっておらず、先生方は、その入手法などにも、興味を示していました。

Red_led_x5

中野区立第七中学校での活動

二宮洸三会員が3月5日に、中野区立第七中学校で「天気の変化」に関する授業を、2年生の3クラス75名の生徒に対して行いました。

季節と暦、観天望気―天気の観察―雲の観察、航海と気象、地上気象観測と天気図、高層気象観測と高層天気図、気象の遠隔観測―気象衛星観測・気象レーダー観測、昔と現在の気象予測などのトピックスを、パワーポイントを使って説明しました。

so_043