世田谷区立桜丘中学校での活動

細矢治夫会員が3月17日に世田谷区立桜丘中学校で、中学1年生の4クラスの生徒に、数学の図形に関連した授業を行いました。

中学1年の図形の学習は、学習指導要領には「平面図形や空間図形についての観察,操作や実験などの活動を通して,図形に対する直観的な見方や考え方を深めるとともに,論理的に考察し表現する能力を培う。」とあります。

そこですでに専任教諭が授業の中で正多面体について説明したことを受けて、裸眼立体視(ステレオグラム)と折り紙細工を行いました。まず、5種の多面体の立体視ができるように用意した紙を生徒に配り、裸眼立体視のこつを教えたところ、過半数を超える生徒が成功しました。次に2枚の長方形から正四面体を、2枚の正方形から正八面体のスケルトンを折ってもらいました。これらもほとんどの生徒が完成させることができました。時間内に未完成だった生徒たちも、課外の時間に完成できるはずです。

生徒一人一人がこれらの作業により、多面体に対して興味をもち、理解を深めることができたと思います。

Fig3D4

http://diysome.web.fc2.com/icosahedron/ より

市川学園市川高等学校での活動

廣田穣、一丸節夫、和田勝、町田武生会員が、3月14日に市川学園市川高等学校で、1,2学年の生徒450名が参加した平成26年度年度末課題研究発表会に赴き、指導助言を行いました。

市川学園市川高等学校は今年度からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の二期目に入り、さまざまな取り組みを行っていますが、その一つの課題研究には力を入れていて、2年生の生徒全員約250名が行っています。

市川学園高等学校SSHのページ

今年度から個人研究へのシフトを促していて、課題数も増えています。毎年度7月に中間発表が行われ、物理、化学、生物、数学の分野で、これから進めようとする研究課題の中間発表が行われますが、SSISSではポスターによる中間発表でも会員が助言を行っています。

今回は年度末のまとめの発表で、口頭の発表が4題あり、運営指導委員やTAを務めた東京工業大学などの大学から参加された方々に交じって、SSISS会員も参加して口頭発表を聴きました。、その後で行われた116件のポスター発表では会員は分野に分かれて指導助言を行いました。

年ごとに研究内容も発表の仕方も向上し、順調に成果を挙げているように見えます。校外での発表会でも、県レベルではいくつもの賞を得ているので(上記の学校のページを参照してください)、さらなる内容の充実が期待さます。

150314Ichikawagakuen5150314Ichikawagakuen2150314Ichikawagakuen6150314Ichikawagakuen7

大田区馬込第三小学校での活動

江尻有郷会員が3月9日に、大田区おもしろ理科教室の一つとして、大田区立馬込第三小学校で6年生の2クラスに理科実験を実施しました。

実験授業のタイトルは「LEDを光らせよう」で、教材として、100オーム抵抗、赤・青2個のLED、単3乾電池3本、ミノ虫クリップ付ビニール被覆コードを組合わせたものを16セット用意し、理科教室で5人用実験机に2セットずつ配置しました。

全般的な説明の後、児童が各LEDに3ボルト及び4,5ボルトの電圧をミノ虫付きコード線で結線して光らせることから始めました。児童は、結線に成功して光ることを確認すると、自発的に両方のLEDを同時に光らせたりして楽しんででいました。

まとめで、電気の交流・直流、半導体の解説を行いました。教育現場では、LEDに関してまだ十分な認識にいたっておらず、先生方は、その入手法などにも、興味を示していました。

Red_led_x5

中野区立第七中学校での活動

二宮洸三会員が3月5日に、中野区立第七中学校で「天気の変化」に関する授業を、2年生の3クラス75名の生徒に対して行いました。

季節と暦、観天望気―天気の観察―雲の観察、航海と気象、地上気象観測と天気図、高層気象観測と高層天気図、気象の遠隔観測―気象衛星観測・気象レーダー観測、昔と現在の気象予測などのトピックスを、パワーポイントを使って説明しました。

so_043